新築で照明器具を選ぶ 

Pocket

新築の場合、どんな照明を取り付けるかは設計の段階から決めておいた方がのちのちのためにもいいのです。後から取り付けようとすると改めて工事が必要だったり、いざ設置しようとするとサイズや配線の問題でうまくいかなかったりなどの不具合が出てくる恐れがあります。

天井、壁、柱と一体になるような照明器具は、後からの取り付けができないので、そういう照明がほしい場合は家を作る段階で相談しておきましょう。家を建てるのと並行して照明を選ぶようにすると、家の雰囲気に合った照明を最初から取り付けることができますし、費用の負担にもならないのでその点でもメリットがあります。

照明は、明るければいいというものではありません。
仕事をするための部屋やリビングなどでは明るい方がいいですが、寝室などのようにむしろ少し暗い方がリラックスできるという場合もあります。

そして、設置する部屋の用途や目的によって、照明器具のタイプもどれがいいのかは変わってきます。家を建てる段階からあらかじめ照明を選んでおけば、最も相応しいものを最初から取り付けておくことができるのです。

This entry was posted in 照明器具選びのポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります